RYOTA YAMADA

Thursday, January 22, 2015

最初のDNA調査、ケネウックマンはネイティブ・アメリカン

ケネウィック・マンのDNA調査の予備試験結果が公表された記事はTri-City Herald。1990年代に一度DNA抽出は失敗していたが、その後の技術向上で成功したのだ。
 
なんと今までの学説が大どんでん返しされた。遺伝子はネイティブ・アメリカンと同じである可能性が高いとのことである。すなわちケネウックマンのルーツは日本ではなくシベリアであるとのこと。Y染色体由来のハプログループQ-M120ではなかった、との結果であろう。
 
まだ最終的な調査結果ではないとはいえ、とても残念なことに、追っていた日本とアメリカ西海岸とを結ぶケネウックマンの足跡は幻となりそうである……僕の旅はケネウィック市とアフリカとを結ぶものになりそうだ。
 
頭蓋骨から顔面を再構築した結果ネイティブ・アメリカンではないことは確実であり縄文人のグループが一番近いとスミソニアン博物館の研究チームは2012年の時点までコメントしていが、たとえ遺伝系列は同じであっても容貌は大きく変わりうることが分かり、DNA解析技術が過去の祖先系列調査にも一席を投じる形となる。


A preliminary result of DNA test of Kennewick-man is announced, Tri-City Herald, although genetic analysis is still under way in Denmark. The 1990s’ attempts to extract DNA from Kennewick-man failed once, but advanced technology makes it possible recently.

Oh my goodness, it overturns the theory. The researchers say, “At present there is no indication he has a different origin than North American Native American.” That is say, roots of Kennewick-man is not Japan’s earliest inhabitant, is Siberia. I think the test results are that the gene is not the Haplogroup Q-M120 of Y-chromosome DNA.

Even though it is not a final report, unfortunately the footprint of Kennewick-man between Japan and West Coast of U.S. that I am following might be an illusion… O.K., it is the history of growth of science. My journey could be the Kennewick-city to Africa.

A research group of Smithsonian Institute commented until 2012 that Kennewick man was not Native American, he more closely resemble Japan’s earliest inhabitants, as a result of the facial reconstruction. Now, we know that, even on a same genetic line, shapes of skull could be different. New DNA analysis raises a question about older scientific methods that rely on looking at the shape of bones.