Monday, September 14, 2015

高麗川から海へ その66

DSC01854.JPG
DSC01855.JPG

man現在地と移動軌跡の地図を表示

 漁船が十艇ほど係留している。漁業組合の係留場だ。船で作業をしていた漁師さんに、カヌーに乗ったまま水上から話しかけた。
 ここから大島まで漁に出るそうだ。また荒川のこの場所で漁をするわけではないが、十種類ほどの海の魚がここまで上ってくるとのこと。
 嫌な話しも聞いた。ここ最近、工場が川に流す違法な化学薬品で、係累している船のエンジンが壊れてしまうらしい。確かに、海水ではなく真水の川に係累しているのに壊れてしまうのは、物理的におかしな話しのようにも聞こえる。船を水から上げ下ろしするだけで12万円もかかってしまうので、仲間が漁をやめてしまうそうだ。役場が監視できない土日に流しているのだという。

おおよその積算距離[Km]: 56

No comments:

Post a Comment