RYOTA YAMADA

Saturday, February 27, 2016

高麗川の天然鮎



高麗川の天然鮎。
里川の清流と、渓流の匠・戸門秀雄さん(郷土料理ともん)の共同作品。
油絵のように美しくて、食べられない!

A beautiful sweet-fish, Ayu of the Koma River.

It is freshwater fish inhabiting in mainly Japan. It smells sweet naturally, and is very delicious.

Friday, February 19, 2016

My Documentary Film

My documentary film, A Walk in the Frozen Marsh.
僕のショート・ドキュメンタリーです。厳冬期ベカンベウシ湿原徒歩縦断。

Tuesday, February 16, 2016

LOOKING FOR A SPONSOR スポンサー募集中

LOOKING FOR A SPONSOR
Youkon River 1,900 Miles Solo Kayak

Please contact to Ryota Yamada,  ryota@ryotayamada.com

• Paddling period: from Jun. 2016 to Sep. 2016
• Paddling section: from Whitehorse, Yukon, Canada to the Mouth in Alaska, USA
• Amount of money to be raised: 10,000 USD
• Sponsor's rights: I will wear your logo; I will display your logo in a blog and etc.; You will get rights to use pictures, movies and sentences that I will take or write during it.
•  Plan to execute: daily updating a blog via a satellite phone

スポンサー募集中
ユーコン川3,000km単独カヤック

ご連絡は山田龍太、ryota@ryotayamada.comまで

● 漕ぐ期間: 2016年6月から2016年9月にかけて
● 漕ぐ区間: カナダ・ユーコン準州・ホワイトホースから、アメリカ・アラスカ州の河口まで
● 募集金額: 1,000,000円
● スポンサー側権利: ロゴ入りウェアを私が着用。ブログ等へのロゴの表示。期間中に私が撮影した写真と動画、および書いた文章の使用権。
● 実施予定: 衛星携帯電話による日々のブログへの書き込み

Saturday, February 13, 2016

Mission complete!

 厳冬期ベカンベウシ湿原徒歩縦断、成功!いや〜、楽しかった!
 まるで宇宙のような凍てつくベカンベウシ湿原を眺めながら、まるで天の河のような凍てつくベカンベウシ川を、一歩一歩カンジキで踏みしめ歩く。

 さて、声なき湿原の代弁者として、どこの国へでも、食事と切符をいただければ話に出かけます。
 
 ベカンベウシ川の貴重な情報を提供してくれた学芸員の澁谷さんと、イトウ研究者の健太郎君、そしてソリのアイデアをくれた公民館的酒場ホーボーズのミキ(ソリの名はホーボーズ号)に感謝します。

   Mission complete, Walking Across the Frozend Bekanbeushi Marsh! It was so fantastic.
   The most impressive scene has been the frozen Bekanbeushi Marsh like the univerce and the frozen Bekanbeushi River like the Milky Way. Extreme cold, which was -16 Fahrenheit, extrem silence, which  a snow covering entire marsh made by absorbing all sounds, and a perfectly flat and vast horizontal plan of the marsh, those reminded me of our univers. I was walking on the Milky Way while I am looking over our univers.

   I will go to any country to talk it instead of the voiceless marsh if you would treat me a meal and a ticket.

   Thanks a lot Mr. Shibuya, curator, and Mr. Honda, researcher both informed me about the Bekanbeushi River, and Mr. Miki from HOBOS given me an idea of slider.


Wednesday, February 10, 2016

Reaching the center of a frozen marsh

 やった!湿原の中央に到達。
 広大なベカンベウシ湿原が、僕のまわりを取り囲みどこまでも水平に広がっている。被った雪が太陽光を散乱させ、あたり一面が光り輝く。そして凍結したベカンベウシ川は、ひときわ強い光を放ちながら、蛇行し湿原を横断する。そう、僕が歩いているこの川は、宇宙に流れる天の川そのもの。
 しばらくここに滞在し、宇宙遊泳を楽しむことにしよう。

   I got it! I have reached the center of marsh.
   The snow capped Bekanbeushi Marsh surrounding me shines with reflected sun light, and the frozen Bekanbeushi River meandering and flowing across the marsh sparks light more strongly. So here I'm walking is the Milky Way in the univers.
   I am gonna stay several days in here and enjoy space walking.


Risk

 三脚を巻き付けようとして川の中に倒れ込んでいる木に近づいたら、雪で覆われて見えない薄氷が割れ、左足が水に落ちた。ちょうどカンジキと同じ大きさの穴がポッカリと空き、氷の下で川が流れているのが見える。海外の登山で氷河を渡るときと同じで、リスクを抱えている。全身が落ちれば、水の流れが氷の下へと体を引き込み息ができなくなるだろう。
 リスクや失敗も書き残さなくては。

 ある部分だけポッカリと氷が溶けて穴が開いている理由が、よく観察しても分からなかった。日射量も水温も、その周囲と異なるとは思えない。周りの氷は、体重を支えるだけの厚みがある。左足で穴を開けた場所も、春の根開きとはまた異なる様子。ある特定の水流条件が凍りつかせないのか?面白い。乱流が凍結温度を下げる?

 もう一つの失敗といえば、荒縄。滑り止めになると思ったが、雪に覆われていない、ガチガチに凍り磨かれた氷の上ではまったく役にたたない。転倒した時に手をついて捻挫した小指が痛む。氷に穴が空いているときは川の中央部が多いのだが、そこはまたすり鉢状にへこんでいるところでもあり、滑り止めなしでは蟻地獄のようになすすべもなく吸い込まれてしまう。2日目に横断を断念することも考えたが、カズバーナーの金属部品をカンジキにくくりつけて、スパイク代わりに使うことができた。冬期富士登山のように、ヤスリで鋭く磨いたアイゼンが必要だ。

   I broke invisible thin layer of ice covered by snow and dropped my left foot into the water. There was a just snow shoes's size hole and I could see a water flow of river through it under the ice. We have a risk like as when walk over a glacier during climbing high mountains. If entire body falls into it, flowing water sucks the body under the ice and we could not take a breath.
   I have to write down a risk and a failer.

   Other failer was that a straw rope is useless for prevention to slip down on the tightly frozend ice not covered by snow. Holes of ice are usually at center of river, and that places become hollow. It means that I am sucked into the hole like a trap of an ant. I thought I should abandon acrossing the marsh, but I made spikes by a metal of stove, attaching snow shoes.


Tuesday, February 9, 2016

未知と喜びに溢れた世界

 湿原横断まで3分の1をこなした 。零下25度に達する気温のなか、何一つミスが許されない緊張が走る。
 動物達の氷上ダンス。まっすぐ滑ったり回ったり、川の上に線画を描く。観客は、夜空の星達。狸も狐も丹頂鶴もゴジュウカラも鹿も、皆が一等賞。
 大人になってしまい、経験することはみな経験しつくして世界がつまらなくなった?自然をよく観察してごらん。世界は未知と喜びに溢れているよ!
 
   I am at the one third point of the walking across a frozen marsh. I can not have any single mistake in minimum -13 Fahrenheit temperature.
   There are lines of animal's ice dances on the frozen river.
   Not only children but adults still can find unknown and joyful world if we see the nature carefully.


Sunday, February 7, 2016

零下25度

 今朝の気温は零下25度。外で寝る温度の自己ベストを更新した!
 1分でも素手を外気にさらしたくない。ワォ。

   This morning, temperature was -13 Fahrenheit. It is my best record sleeping outside!

Saturday, February 6, 2016

凍てついた川

 凍った樹木が割れる音が五分おきに響きわたる。
 生まれて初めて歩く、凍てついた川の上。中央部は濁りのない澄んだ、水がそのまま時を止めたような氷。
 夕日に照らされ氷と雪が赤くきらめく。
 完璧だ。美しい……皆もおいでよ。

    I am walking on a frozen river. It's so wonderful. Perfect.

Wednesday, February 3, 2016