Monday, June 6, 2016

Windy Arm

Day 6
I can not paddle across the Windy Arm, which is a critical point with strong wind blowing down from glaciers. Wind and wave tossed about my kayak and I totally could not control the kayak. I had to return. Now I am waiting the wind is going to be calm down, but nobody knows when, even local people.
In addition, more problem happens. The solar cell battery is almost broken by a bad contact. I can not fix it because it is not be able to be opened.
 6日目
 氷河から吹き降りてくる強風がもたらす難所、ウィンディー・アームを越えられない。風と波に翻弄されてカヤックのコントロールがまるで効かず、やばいやばいと慌てて引き返した。すぐ手前の岸で風が穏やかになるのを待っているが、いつまで待てば良いのかまるで分からない。地元の人間でも読めないと言っていた。
 さらにもう一つの難題が発生。太陽電池パネルが接触不良で死にかけている。開けることができないから治しようがない。

manDisplay the current location and the tracking map

No comments:

Post a Comment