RYOTA YAMADA

Wednesday, August 31, 2016

Aurora

1000561.jpg

Day 91

   An aurora danced in the night sky. A wind from the Arctic Circle started blow. The seasons of Alaska have turned as turn over the leaves of a book.

   The pace of decrease of the water level remains slow as one inch a day, and the beach is still submerged. And, if I will start as it is, I will arrive the Bering Sea at end of September; A winter season will come.
   It should exceed a borderline between adventure and reckless.
   I decide to divide this leg in here Grayling village, and will revisit this village to paddle to the Bering Sea. Three months, 1,600 miles, the journey, as it were that I spent another life, ended with the summer, and then new season started now.

91日目

 オーロラが夜空に舞った。そして北極圏からの風が吹き始めた。紙芝居を一枚繰るように、アラスカの季節が入れ替わった。

 水位が下がるペースは、いぜん一日あたり2~3センチメートルと遅く、浜は水没したままだ。そして、この状態のまま出発したとしても、ベーリング海に着くのは九月の終わり。冬が訪れる。
 冒険と無謀の境界線を越えるだろう。
 ここグレイリング村でこのセクションを区切り、再度この村を訪れ海まで漕ぐことにした。 3ヶ月、2千6百キロメートル、別の人生を過ごしたような旅が、夏と共に終わり、新たな季節がいま始まった。

manDisplay the current location and the tracking map

Tuesday, August 30, 2016

Nice northerly wind

14725834784620.jpg

Day 90

   The water level is down phase from yesterday, but it is still a inch per day and its pace does not increase. I think that the slow pace of decrease is very natural, because almost all basin of the Yukon River is unrelated to concrete and a water sucked by the ground as a sponge should be gradually flowing out the river.

   Today, a nice northerly wind is blowing.

90日目

 水位は引き続き下降フェーズだが、まだ一日あたり2~3センチで、そのペースは上がらず。流域のほぼすべてがコンクリートとは無縁な土地なので、大地がスポンジのように吸い込み蓄えた水が徐々に川へと流れ出ているはずで、下降のペースが遅いのはとても自然なことなのだろう。

 今日はよても良い北風が吹いている。

manDisplay the current location and the tracking map

Monday, August 29, 2016

Warm-hearted people

14724469684840.jpg

Day 89

   During the days waiting for the water level to down, in Grayling village, many local people came to my tent, treated me and gave me foods. What warmhearted people they are...
   A half dried king salmon was extremely delicious, moose which was hunted just few hours ago and was cooked by bonfire by them for me was also so delicious, and strips of dry king salmon and potatoes of a kitchen garden were also so delicious.

   Finally the water level started to decrease a little.

89日目

 グレイリング村で水位が下がるのを待っている間に、村の人々が次から次へと僕のテントを尋ねてきて、何かと面倒を見てくれ、食料を持ってきてくれる。なんと心の温かい人々なのだろう・・・・・・
 脂が豊富にのった生乾きのキングサーモンは、驚くほどに美味しかった。僕の為に焚き火で焼いてくれた、数時間前に狩ったばかりのムースも、とても美味しかった。そして家庭菜園で作ったポテトも、これまた美味しかった。

 ついに水位は僅かだが下がり始めた。

manDisplay the current location and the tracking map

Sunday, August 28, 2016

Water level is sticking at high

14724217871500.jpg

Day 88

   The water level is sticking at the high.

   I am considering methods to start now paddling without waiting until the water level are going to down.

   Can I expect a beach for pitching the tent further from here? No. Because pebbles or sand or mud that was carried for a flooded season should make a beach, the beach should not appear above the water at the present moment flooded, mechaninally.
   Can I spend few nights on sand and gravel by landslide on a mountain surface along a shore? No. I can not have a good idea to pitch the tent on a thirties degree slope for few nights. Will I dig and level the ground? No. I am using a borrowed dome tent for three person, not a tent for single person. Moreover, according to my experience along this river so far, there should be not a margin space to pitch the tent above the water line of when the water will rise.
   Can I sleep on the kayak mooring at a shore? No. It will not become for escaping from waves, a wind and a rain. Moreover, a driftwood might hit me.
   There is a possibility that a creek has a beach. Will I paddle upstream and pitch the tent? No. A rapid stream by rising water should prevent me from paddling upstream.

   So far, it seems to have more possibility to wait for the water level to down.

88日目

 水位の上昇は止まった。

 水位が下がるのを待たずにいま出発するための方策を、色々と検討している。
 この先に、テントを張れる浜があることを期待できるだろうか?いや、増水時に運ばれてきた小石や砂や土が堆積して浜となるのだろうから、増水している今は物理的にないのだろうな。
 川岸にある、山肌が崩れた砂礫の上で、数日過ごせるだろうか?いや、30度の傾斜地にテントを張って数日過ごす方法を、思いつかない。整地する?いや、一人用のテントならともかく、今借りて使っているのは三人用のドームテントだ。それに、これまでの状況から判断するに、水位が上昇してもなお水面より高い場所にテントを張るべきだが、そのための余地はないだろう。
 カヤックを岸にロープで係留して、カヤックの上で寝る?いや、それでは波や風や雨からの待避にはならない。また流木がぶつかってくるだろう。
 支流ならば浜がある可能性がある。支流を遡ってテントを張る?いや、増水で流れは速いから、カヤックでは遡れないだろう。
 
 いまのところ、水位が下がるのを待つ方が、漕ぎ進める可能性としては高そうだ。

manDisplay the current location and the tracking map

Saturday, August 27, 2016

Elderly lady told

14723322556020.jpg

Day 87

   According to the village people, as I surmised, this water level of the river is same as the level of the spring thaw, which was usually the peak value of this river. The beach beside the village is submerged totally, which normally we could see in there.
   A elderly lady told me that, it was her first experience to see that the water rose to this level in this season, and she was surprised at this very unusual situation. Many people have worried about the climatic changes resulting from the global warming.

   Today also the water level is increasing a inch per day.

87日目

 村人から聞くところ、予想していたようにこの水位は、いつもならそれがピーク値であるはずの、春の雪解けによる水位と同じ高さだそうだ。いつもならばそこにあるはずの、村に面した浜がすっかり水没している。
 村のおばあさんの話によると、この時期にここまで水位が上がったのは生まれて初めての経験で、このとても異常な状況に驚いているという。地球温暖化がもたらす気候変動を、誰もが心配しているようだ。

 今日も引き続き水位は上昇し、一日で2~3センチメートル増えた。

manDisplay the current location and the tracking map

Friday, August 26, 2016

Rising river

14722463216110.jpg

Day 86

   Although the rain has stopped, the river is still continued swelling this morning. Surely it is not related to the weather of here, since the rain fallen on the area of Alaska and the area of Yukon Territory is gathering into here after few weeks traveling.
   In this extremely high water level a sleeping space and a space to evacuate from wave, wind and rain are all submerged, and first nation's fish camp are seems to be almost just nearby their villages. It is going to be just thoughtless gambling to paddle further in this situation, however I have considered many times. So I will wait until the volume of water is going to down, in the next village Grayling.

   As expected, while I was not being able to find any tiny place to pitch the tent, I have paddled for 39 miles and have arrived at Grayling.

   Total distance: 1,624 mi

86日目

 雨は止んだものの、川の水嵩は今朝もさらに増していた。アラスカ一帯とユーコン準州に降った雨が数週間かかってここまで流れてくるのだから、確かに現在地の天候にはかかわらない。
 この非常に高い水位では、寝場所も波と風雨からの待避場所も水没しており、また先住民のフィッシュキャンプは村の近くにしかないようなので、いくら検討してもこの先に進むのはたんなる無謀なギャンブルになる。次の村グレイリングで、水量が減るまで待つことにした。

 川面には無数の流木が浮いている。面白いことに、流木に囲まれながら流されていると、安らぐ心がかすかに感じられた。人間の本能とは面白いものだ。動きもしない流木に仲間を感じているのか、それとも流木に集まる魚のDNAをいまだに引きずっているのか。

 やはり増水した川岸にテントを一張りするわずかな場所さえ見あたらず、63キロメートルを漕ぎきってグレイリングに到着した。

 総距離: 2599キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Wednesday, August 24, 2016

Innumerable driftwoods

15595236-36c0-4ba5-bbeb-d70bf9a6fa31-1346124353.jpg

Day 85

Innumerable driftwoods are floating on the river. I threaded my way through driftwoods. I have never seen such a scene although I already have spent on this river for 3 months from June.
Those driftwoods are not a fresh driftwood which has just now fallen down from a shore and still has leaves, but are an aged driftwood for several years fading to black color. The driftwoods that had been washed up on a shore may have started to flow again. The peak of a water level of the Yukon River is at first June when thawing, but these driftwoods mean that the water level of now is exceeding of fist June?
Today also I did not come across a space where I can pitch the tent on both shores and islands. Tonight I have pulled up my kayak on somebody's fish camp.
Nuts, it is last only 400 miles to the sea...

Total distance: 1,585 mi

85日目

 川面に無数の流木が浮いている。流木の間を縫うように漕ぐ。6月からすでに3ヶ月間この川を漕いでいるが、こんな状況は初めてだ。
 ついさきほど岸から崩れ落ちた、まだ葉が付いた新鮮な流木ではなく、黒く変色した、数年は経過しているような流木だ。岸に打ち上げられていた流木が、再度流れ始めたのだろう。ユーコン川の水量のピークは雪解け時の6月頭のはずなのだが、今それすら越えた水位だということなのか?
 両岸にも島にも、やはりテントを張れるような場所は見あたらない。今夜は誰かのフィッシュキャンプに上陸させてもらった。
 海まであとたったの600キロメートルなのだがね。

 五日ほど降り続いた雨が止み、太陽が少し顔をのぞかせた。今日は滅多にない無風。風が吹けば川は荒れまくり修羅場となるが、風がなければ平穏なパラダイスだ。

 紅葉が始まっている。

総距離: 2,536キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Tuesday, August 23, 2016

The river is still rising

630ce21a-d0e7-4f44-b70e-e8a1fff773cf-1925779037.jpg

Day 84

The river is still rising, and it has increased 8 inches for last two days. Sounds of shores eroded and falling down a water like a cannon can be heard a few times in a single hour.
However a quantity of precipitation might be decreaseing.

It has rained a great deal this year, the river has risen, and most of shores that a tent can be pitched have been submerged. Since most of shores have been covered with driftwoods washed up along the edge of the water, the kayak has not been able to land there. In addition, from September, the storm season will start and the river will rise more then. It is impossible without stay in the tent on the shore to paddle and move forward on the river, so I am considering the second leg will end at next village Grayling.

I need more three days to paddle to the Grayling, so I have to find tenting possible shores somewhere and stay two nights. Therefore now I am considering the timing when I should leave here, whether the water level will increase or decrease while waiting.

84日目

 増水し続けており、この二日間で20センチメートルは水位が上がっている。何処かで川岸が削られ、水に崩れ落ちる大砲のような音が、一時間に数回ほど聞こえてくる。
 しかしながら降水量は減ってきたようだ。

 今年は雨がとても多く、川は増水し、テントを張れる岸は多くが水没している。岸には増水で流された木が打ち寄せられ、水際が覆われていることが多く、そこにカヤックを接岸することはできない。9月からはストームのシーズンとなり、その時はさらに水位が増すだろう。上陸してテントを張ることができなければ、川を漕ぎ移動することは不可能なので、第二セクションは次の村となるグレイリングで終えようかと検討している。

 グレイリングまではあと三日かかるので、テントを張れる岸を見つけて二泊する必要がある。どのタイミングでいま天候待ちをしている岸を離れて出発するべきか、待てば水位が下がるのか、それても上がるのか、状況を検討している。

manDisplay the current location and the tracking map

Monday, August 22, 2016

Waiting for weather to improve

484a88a8-7d5b-439c-bb34-08595ee1024d1994164102.jpg

Day 83

I am waiting for the weather to improve in the tent.
It is quiet. Sounds only I can hear are the sound a rain hits the tent, the sound leaves sway by a wind, the sound of a turbulent flow of a water along a shore, the sound bird flaps wings and of its song, the sound of hum of an insect and the sound a shore crumbles in the distance.

The river is rising every day. It is 4 inches per day from last night. Since the river width is more than one mile, I wonder how much rain is gathering into.
It has been rain continuously last three days, so the river might has risen around 1 foot surprisingly meanwhile.
On the water surface, huge black driftwoods are flowing one after another.

According to the locals at villages along the Yukon River I have paddled through, and my experience, this year it is too much rain and it is too little mosquitoes.

83日目

 テントの中で天候待ちをしている。
 静かだ。雨がテントにぼたぼたさらさらと当たる音、風で木の葉がごーごーかさかさと揺れる音、水の流れが岸で乱れてぴちゃぴちゃころころと立てる音、鳥のぶるるという羽音か鳴き声、虫のかすかなぶーんという羽音、遠くで岸がどーんと崩れる音、それしかしない。

 日増しに増水している。昨夜に石を水際に積んで目印にしたのだが、一日で10センチメートルも水位が上がった。川幅2キロメートルにはなる大河だから、いったいどれほどの雨が集まっているのだろうか。
 この三日間雨が降り続いているので、その間だけでも30センチメートルは増水したのかもしれない。
 川面には大きな黒い流木が累々と流れている。

 カナダからアラスカにかけてのユーコン川全域を漕いできたわけだが、各村での話や僕自身の体験によると、今年は異常に雨が多く、また異常に蚊が少ないようだ。

manDisplay the current location and the tracking map

River was rough

Day 82

The river was rough with waves, a southerly head wind and a rain. Being drifted by the wind and the waves, I could paddle at a speed of only a half of human walking here and there. I had no time to rest my hand due to continuously being drifted by the wind and the waves, and I got wet under a rain coat. I had wanted to stop paddling but I could not find any shore to pitch the tent since probably the rise of the river covered those, and it forced me to continue paddling a whole day. Even so, I could make progress only 22 miles.
In the lower Yukon, where, from the place the river changes the direction of travel from the west to the south, to the mouth, it seems too hard to paddling in a rain or a wind.

As expected, finally, the zipper of the tent fly has become not to be closed. It looks like that an emergency repair squashing the slider by pliers will work only few days. Therefore, thanks to Jon, I have changed the tent to his tent I borrowed. It is a great help in the spell of rainy weather.

Total distance: 1,553 mi

82日目

 波と、南からの向かい風と、雨で川は荒れていた。波と風に流されて、場所によっては歩く速度の半分でしか進めない。漕ぐ手を休めれば流されるので、休息を取ることができない。雨は正面から顔をたたき続け、雨具の下まで濡れていた。漕ぐのを止めたいが、川が増水しているためテントを張れるような岸は沈んでいるようで、いつまでも見つからないまま一日中漕ぎ続けた。それでも35キロメートルしか進まなかった。
 川が西から南へと流れを変える場所から河口までの下流域では、風雨のなかを漕ぐのはどうも無理のようだ。

 テントの外張りのファスナーが、また閉まらなくなった。ペンチでスライダーを軽く潰すという応急処置は、数日しかもたないようだ。面でなく点で押さえるようになるだけで、あっという間に磨耗してしまうのかもしれない。
 したがって、今夜からジョンに借りたテントに切り替えている。雨続きの天候なのでとても助かった。

総距離: 2,484キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Saturday, August 20, 2016

Wait and see

Day 81

It has begun to rain from last night. To be turning the weather bad, and to be added a rain to a wind and waves, it supposed that the risk will be high further in this area. In addition, I do not grasp the situation of here yet. So, today I will not move, and will wait-and-see.

81日目

 昨夜から雨が降り始めた。天候は下り坂であり、波と風にさらに雨が加われば、この流域ではなおのことリスクが高そうであり、また、まだここの状況を掴み切れていないため、今日は停滞して様子を見ることにする。

manDisplay the current location and the tracking map

Friday, August 19, 2016

Enjoying bonfire

68770d43-9928-4de7-afb0-2d08410c83091010001194.jpg

Day 80

Tonight's camp site is excellent. Because ton of driftwoods are scattered, I can enjoy bonfire as much as I wish.

Since yesterday, a southerly head wind blew a whole day, and waves were high. The paddle was heavy as I stirred mud. I could paddle at a speed of only human walking, and although I overworked my body I could paddle for only 19 miles.

Total distance: 1,529 mi

80日目

 今夜のキャンプ地は最高だ。流木が山ほど転がっているので、焚き火が思う存分できる。焚き火のないキャンプなぞ、味噌のない味噌汁のようだ。

 昨日に引き続き、今日も丸一日南からの向かい風が吹き、波が高かった。パドルが泥をかき回しているように重い。人が歩く速度ほどしか出せず、体に必要以上の負荷をかけても、31キロメートルしか進めなかった。

 今夜は打ち豆(乾燥大豆)の炊き込みご飯にした。豆ご飯のようで(実際豆ご飯なのだが)、うまみとシャキシャキ感がよい。出汁として日高昆布も持ってくればよかった。

総距離: 2,447キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Thursday, August 18, 2016

High waves

c13eacfb-a872-4ec4-9c32-e61f3c6cb7962112257920.jpg

Day 79

When I started paddling, southerly head wind already blew. The wind gradually increased, and I started to use a sea anchor halfway. Going for 6 miles for 3 hours, the wind became stronger furthermore, and the landscape changed to make wind and wave strong. White caped waves became high dangerously. I tried to paddle along the shore closely to escape from high waves, but a strong eddy prevented to paddle to downstream. Very luckily, at just there, an abandoned old cabin was. So I will sleep tonight in it.
Gradually a situation of lower Yukon River is appearing. There are many place where if a wind blows a wave becomes high dangerously, but shores for escape are very rare. From here to the mouth, I might have to abandon paddling when a wind blows.

Total distance: 1,510 mi

79日目

 漕ぎ始めから、南からの向かい風が吹いていた。徐々に風が強くなり、途中からシーアンカーを使い始めた。三時間で13キロメートルほど進んだが、さらに風が強くなり、また地形的にも波風が強くなる場所なのだろう、白波の立つ波が危険なほどに高くなった。高波を避け、岸ぎりぎりに沿って漕ごうとしたものの、岸に渦巻く逆流に逆らえず、下流にまったく進めない。運よくまさにそこに、ながらく放置されているだろう朽ちかけた小屋が建っていたので、今夜はここで寝ることにする。

 波が高いときの写真や映像は、漕ぐ手を休めるわけにはいかないので一枚もないのだが、何かうまい手はないのだろうか。

 下流域の状況が徐々に見えつつある。風が吹けば危険なほどに波が高くなる場所があり、しかしながら待避できる岸はほとんどない。ここから先の海までは、風のある日は漕ぐことを断念せざるをえないのかもしれない。

 気持ちよく漕いでいる日は、書く時間が短くなるので文章もそこそこになるが、状況が悪くてあまり漕げない日は、書く時間ができるので文章も長くなるな。素晴らしくて感動する状況もより多く伝えたいのではあるが。

総距離: 2,416キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Wednesday, August 17, 2016

Sky and water became one

02d02691-188b-4963-9e64-c930dd71cfa5982137891.jpg

Day 78

The Yukon River has started to flow straight. The sky was cloudless and a calm water surface was a mirror reflecting the sky. So, I could not distinguish the sky from the water on the horizon. The horizon disappeared. The sky and the water became one. All spaces surrounding me joined and became one universe.

This morning, the temperature dropped to 5 degrees Celsius.

Total distnace: 1,502 mi

78日目

 空と水が一つになった。
 ユーコン川が、山脈の縁にそって、直線的に流れはじめた。どこまでも遠く川が見渡せるようになり、その先には地平線のかわりに水平線が見えるはずだった。だが、空は雲のない均質な青空で、風のない川面はさざ波一つない空を写す鏡となっていたので、空と水面の見分けがつかなくなり、境目が分からなくなった。境界である水平線が消え去ってしまった。僕を取り囲む360度の空間すべてが繋がり、一つの宇宙になった。

 朝方、気温は5度まで下がっていた。夏から冬へと急激に変わりつつある。

 総距離: 2,403キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Koyukuk River joined

23064931-c5e6-427c-b578-daf7ea3d8062439385923.jpg

Day 77

The Koyukuk River, the third largest tributary, joined and the river width increased more. And then, the Yukon River changed his direction from the west to the south.

Total distnace: 1,467 mi

77日目

 三番目に大きな支流であるコユクック川が合流し、さらに川幅が増した。そして西へ西へと向かっていた川は、その方角をいま南へと変えた。

 今日は黒熊とビーバーを見かけた。

総距離: 2,347キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Monday, August 15, 2016

Jon Korta

d32ddf65-fd59-4bd1-b294-36b049c1e95f989058151.jpg

Day 76

Jon Korta, living in Galena village, lent me his tent kindly. I am carrying it as the spare tent. If my tent, which I made emergency repairs, will be completely broken, I will use his tent. I am thankful although it is restricting the kayak space for food, because the tent is very important tool and I have to discontinue this expedition if it will be broken.

Today's breakfast was delicious moose noodle.

Total distance: 1,431 mi

76日目

 ガレナ村に住むジョン・コルタが彼のテントを貸してくれた。予備テントとしてカヤックに積んでいる。いま手荒な方法で応急処置しているテントが完全にダメになってしまったとき、彼のテントを使うつもりだ。予備テントの分だけ食料を積むことができなくなったが、それでもテントは、もしそれがだめになったら遠征を中断せざるをえないほどに重要なものなので、とてもありがたい。

 今朝の食事は、ムース肉のラーメンである。美味い。

 渡り鳥の群れをよく見かけるようになった。大河なので、群は遠く離れており、いったいなんの鳥なのか確認はできないが、おそらく鴨なのではないだろうか。ある場所などは、千羽近くはいたと思われ、まるで虫のように群れ飛んでいるな、と思ったほどだ。

 今年は雨が多いせいなのか、相変わらずテントを張れる場所が見つからない。今日むりやりテントを張っている岸は、低木と草に囲まれた場所で、あまりにも羽虫が多すぎて、食事もろくに作れず辟易している。

総距離: 2,290キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Sunday, August 14, 2016

Great river makes high wave

9c0ab740-e38f-4480-9ad9-5b7d8c00f0241989381873.jpg

Day 75

Since the Yukon River is now a great river more than one mile width, a wind, which if I was on the ground I just thought "there is a wind coming up and a small branch is swayed" and not thought "it is strong", made a wave on the river's surface that swayed my kayak as a leaf.

The weather changed between cloudy, rainy, sunny and windy with bewildering speed.

Total distance: 1,417 mi

75日目

 ユーコン川は今や幅二キロメートルにもなる大河なので、地上にいれば「今日は風が吹いていて小枝が揺れてるな」という程にしか思わない風が今日は吹いたのだが、川面にはカヌーが木の葉のように揺れる波が立っていた。風が水面を走り抜ける距離が長いほど、波が立つのだ。
 空は八割方雲に覆われているが、残りには青空がのぞいているので、空は全体的には明るく、四方のあちらこちらで雨が降っているのがよく見渡せる。曇りと雨と日差しと風がせわしなく巡る一日であった。

 総距離: 2,267キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Saturday, August 13, 2016

Came on slider!

dd8922ba-4deb-4ff8-9510-04042ce618c0-611974184.jpg

Day 74

Came on slider! You can work still. Please close the zipper of the tent fly a little longer and protect me from rain and wind!

I paddled also today on the a mile width great river silently.

Total distance: 1,384 mi

74日目

 頑張れ、スライダー!まだ働けるはずだ。もう少しのあいだテントフライのジーバーを閉めて、俺を雨風から守っておくれ!

 今日もまた、幅数キロメートルの大河をもくもくと漕ぐ。

総距離: 2,215キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

No space to pitch tent

5f707f6d-caf3-4a81-9f2e-8df16ec39682-922067451.jpg

Day 73

There is no space to pitch the tent, on the island, and on the mainland. Furthermore, it is difficult even to find a place to pull up kayak on a shore. Searching a lot, finally I found a tiny damp ground. Since there was no space to pull up the kayak above a water, I just moored the kayak floating on the water by rope. Pulling stuffs out from kayak was difficult, a dinner was only bread and dry salmon.

The zipper of the tent fly that I had squashed the slider of it already became not to be closed. I squashed it again. I do not know how long this repetition will work.

Total distance: 1,347 mi

73日目

 テントを張れる場所が何処にもない。島にも、本土にも。それどころか上陸する場所すら見つけるのも難しい。難民のようにさんざんキャンプ地を探し回り、日没間近になってやっとわずかな湿地を発見した。カヤックを水上に引き上げる場所がないので、水に浮かべたままロープで係留する。カヤックから荷物を取り出すのが困難なので、火を使えず、パンと薫製鮭だけの夕食。地面が斜めなので、エアマットの上でずり落ちながら寝る。

 ペンチでスライダーを潰し応急処置したテントの外張りのファスナーが、もう閉まらなくなった。再度潰す。いつまでこの繰り返しが有効なのだろうか。

総距離: 2,155キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Thursday, August 11, 2016

Happiness to live

6a6085dd-5395-4945-bed7-50a78df4188d-1995891175.jpg

Day 72

Today also I have not been engulfed by the great river, today also I have not fallen prey to a beast, today also I could eat a food, today also I could avoid rain and wind to sleep, today also I feel happy that I could live for a day.

Total distance: 1,298 mi

72日目

 今日も大河のまれることなく、今日も獣の餌食になることなく、今日も食べ物を口にすることができ、今日も雨風を避けて寝ることができ、今日も一日生きることができた幸せ。

総距離: 2,076キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

The world where only the sky

f079e440-9ef8-4aec-b744-7b9e30951f1c1318065296.jpg

Day 71

A wind stopped. Although a water of the Yukon River was flowing, the surface of the water became a big mirror reflecting the sky. The another world changed into the another world further. The world, where only the sky and a water was there, changed the world, where only the sky was there.

After joining the Tanana River, the river has changed again. The quantity of water has increased, and the river width has become close to a mile. The great river has changed into the great river further.

People of the village had given me moose and salmon. To avoid to spoil, I have to eat hurry. Tonight I ate only salmon, and then tomorrow morning I will eat only the rest of salmon. As for moose, tomorrow night I will eat only it.
Three of person had given me foods with a word "Good luck".

Total distance: 1,278 mi

71日目

 風が止んだ。まったく空気が動かない。ユーコン川の水は流れているにもかかわらず、水面は空を映し出す大きな鏡になった。別世界が、さらに別世界へと変わった。空と水だけの世界だったのが、空だけの世界になった。

 タナナ川が合流してから、様相がまた一変した。水量が一気に増し、川幅は一キロ以上になっただろうか。大河がさらなる大河になった。
 合流地点以降、水量が増したからなのか、地理が変わったからなのか、テントを張れる砂や小石の浜がなくなってしまった。今夜はむりやり藪の中にテントを張っている。
 この川は上流からその姿を常に変え続け、飽きることがない。

 昨日村人からキングサーモンとムースの肉をもらっている。早く食べないとダメにしてしまうので、今夜は野菜とキングサーモンを煮込んで、それだけを食べた。明日の朝も残りのキングサーモンだけを食べるつもりだ。明日の夜はムースの肉だけを食べよう。
 3人もの村人が、「グットラック」と言って食料をくれた。

 テントの中から虹が見える。

 2,000キロメートルを突破した。

総距離: 2,045キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Tuesday, August 9, 2016

Tent zipper became to be not closed

a50db241-7329-4395-8618-e36a1799b1a1316618614.jpg

Day 70

A person of the village gave me pliers he used for free. This kindness of villages of the first nation should be the soul from generation to generation in the Yukon River. The zipper of the fly of the tent became not to be closed completely. So, I tried to squash the slider of the zipper with that pliers, and then It has become to be closed again. However, with this rough work, I do not know that how long the zipper will work well. It might become not to be closed soon, or it might well work for some time. It is fearful to think that the tent will be broken in a wilderness and it will be rain.

70日目

 村の人が、自分の使っているペンチをただで譲ってくれた。先住民の村々の親切心、ユーコン川で受け継がれた魂なのだろう。
 テントの外張りのファスナーが完全に閉まらなくなったが、ペンチでスライダーを軽く潰してみると、また閉まるようになった。だがこの荒技で、いつまでファスナーが機能するのか分からない。所詮無理なやりかたで、すぐにまた閉まらなくなるのか、それともしばらく持つのか。原野の中でテントが壊れ雨に降られることを考えると恐ろしい。

manDisplay the current location and the tracking map

Smoked salmon and zipper problem

6cd6f54d-a4df-4490-b248-bd7e0bf59515-1734682618.jpg

Day 69

I purchased two smoked salmons from a parson of the first nation, which had been just fished by him in the Yukon River and was smoked in a smoke house as food for his family and dogs for long winter.
It should be the best preserved food for this kayak trip, which is also very delicious and includes good nutrition.

The zipper of the tent fly has gradually become not being closed, although I had changed the slider before departure. It is only a matter of time to become totally unclosed. The tent can not prevent a rain without it. The spare slider was already used to fix the entrance of the tent. So, there is no hope of fixing it. Um... how can I do. I am wondering that it will be work until the village, Galena for the present.

Total distance: 1248 mi

69日目

 日本人に顔立ちがそっくりな、日に焼けた威勢のよい八百屋のような先住民の人から、まだ穫れたばかりで、スモーク小屋で薫製中のホワイト・サーモンの中から、一番よく薫製されているものを二匹選んで売ってもらった。彼が、家族と40匹の犬達の長い冬に備えた食料として、伝統的な手法であるフィッシュ・ホイールという罠をユーコン川に仕掛けて穫った鮭である。日本の鮭とばと違って、切り方が独特だ。
 すぐに食べてみたが、とても美味い。一切れで10キロメートルは漕げる。そしてこれを皮ごと食べれば、必要な栄養がとれそうだ。
 薫製なので日持ちがよく、しかもそのままであっても食べられる。このカヤック旅には最適な食料だ。
 その土地の伝統的なものが、その土地を旅するにはよいのだろう。

 テントの外張りのチャックが閉まらなくなってきた。スライダーは交換してきたのだが。完全に閉まらなくなるのは時間の問題だ・・・・・・ここがしまらないと雨を防げない。予備のスライダーはもう出入り口の修理に使ってしまったから、どう考えてもこれは直せる見込みがない。うむ、どうしよう。とりあえずガレナという村まで一週間もつかな・・・・・・

総距離: 1,996キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Sunday, August 7, 2016

Lucky day

5c86a2c3-1b46-4755-88a9-399826899be2732869366.jpg

Day 68

It was partly light behind wind. Today was lucky day.
I paddled past a rapid where some rocks appeared at the middle of the river. Those rocks are not enough high to easily find from far away.

Total distance: 1,218 mi

68日目

 時々軽い追い風が吹いた。今日は運が向いていた。
 いくつかの岩が川の中央に顔を出している急流を、通過した。その岩は、水中からあまり高く出ていないので、発見しづらい。

総距離: 1,948キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Huge animal walked by tent side

b70708ea-d975-4d8a-a96b-c481bdc76b31112230135.jpg
Day 67

4:30 AM, I woke up by the sound that a some huge animal walked about. It was doing something just by my tent side. I thought it was a bear or a moose due to a sign of its hugeness. After few minutes, breathing hard through the nose, it entered into the river with a loud splash and then went through by my tent side.
I could not open the zipper of the tent to confirm that figure in order to avoid surprising it and then being attacked.
There was no footprint of it on the pebbly shore. I searched around, found a footprint of hoof 150 feet away and not found a footprint of a bear. It is not a direct evidence but I think it was moose.

Bears all have their own personality. A bear spray is useless to be attacked by bear when I am in a tent. Um, entering alone into Alaska, I need a gun...

Total distance: 1,189 mi

67日目

 午前四時半、何かとてつもなく大きな動物が歩き回る音で目が覚めた。テントのすぐ脇で何かをしている。その気配の大きさからして、熊かムースのどちらかと思えた。しばらく歩き回りながら何かをしたあとで、荒い鼻息をたてながら、川の中にジャバジャバと大きな音をたてて入り、テントの脇をすり抜けていった。
 僕を見つけて驚き、襲撃されては困るので、その姿を確認するためにテントのチャックを開けて外を見ることはできなかった。
 小石の岸なので足跡は残っていない。周囲の痕跡を探したところ、五十メートルほど離れた砂地にひづめの跡があった。熊の足跡はみつからない。直接的な証拠にはならないものの、ムースであったのだろうと思っている。小石の岸を歩く足音はかなり大きかったので、ひづめが石を踏む音だったのかもしれない。
 
 熊にも個性がある。もしテントの中にいるとき熊に襲われたら、ベアスプレーは役立たずだ。パドルにナイフを付けた槍も気休めだ。単独でアラスカに入るには、銃がいるなぁ。

総距離: 1,902キロメートル
manDisplay the current location and the tracking map

Saturday, August 6, 2016

Protecting the earth

023e5fc5-15e4-4211-a595-3abc3d50893b-1265496392.jpg

Day 66

When I started expedition, I said that the one of the reason to do this was for "protecting the earth". I still think in here Alaska that it stands to reason.
To protect the earth, we have to understand the nature and a human being.
We can understand the nature, if we will step foot in a forest.
We can understand a human being, if we will understand oneself. And then, we can understand oneself, if we will enter into the nature deeply alone, face emotions of loneliness, fear,and joy and recognize oneself who watch thoes.

Since this section does not have any island, I have pitched my tent on the shore connecting to the mainland. There was the sound of snapping twigs in the forest beside my tent. Crowding mosquitoes indicates that a lot of animals are here. To guard, I made a spear with a paddle and a knife and put it bedside.

Total distance; 1,154 mi

66日目

 遠征を始めた頃に、「一つには地球を守るため」と言っていたが、今ここアラスカでもそれは理に適っていると思う。
 たぐいまれなる地球を存続させるためには、自然と人間を理解しなければならない。
 自分の足を動かして、奥深い森の中に入って行けば、自然を理解することができる。
 人間を理解するためには、自分自身を理解すればいい。たった一人で自然の奥底に入り、孤独や恐れや喜びや感動という感情にめんと向かい、またそれを眺めるおのれ自身も知ることができれば、自分自身を理解することができる。

 星はまだ見ないものの、地平線の下に太陽が沈んでいる時間が少しずつ長くなってきている。またここのところ、空にはたいがい雲が覆いかぶさっている。なので、以前に比べれば夜は暗くなり、寝やすくなった。強いコーヒーを飲み続け覚醒し続けていたような白夜の日々からは、解放されつつある。

 この区間には島がないため、今夜は大陸につながる岸に上陸して、テントを張った。島にはあまりいない蚊が、ここには多い。動物も多い証拠だ。蚊の繁殖に必要な栄養源の血がここにはある、ということなのだろう。テント脇の森の中で、動物が踏み、枝の折れる音がする。用心のため、ナイフをパドルに差し込み槍にして、枕元に置いた。

総距離: 1,847キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map