Saturday, September 3, 2016

Important key to coming world

1000586.jpg

From Grayling village

   Grayling is a small village of the first nation. Its population is only 174, and there is no road connecting to the outside. A visitor to this village, where is not a tourist resort, is rare. So, I am a total stranger coming by kayak suddenly.
   Douglas came to me and offered me, like that, a room. Edna,Douglas and David have welcomed me into their Deacon's house.
   Now I have a bed and a room, and they are feeding me.
   Moreover, they will keep my kayak and gear until I will back here to paddle from this village to the Bering Sea as the next leg at next season, kindly.
   What a warm heart to other people, which exceeds a mere kindness, they have. It should something an important key to the coming world.

2/September/2016

グレイリング村から

 グレイリングは先住民の小さな村だ。人口は僅か174人で、外部と繋がる道路はない。未舗装の滑走路に離着陸する小型の航空機が、主要な玄関口だ。観光地でもないこの村を訪ねるものは少ない。僕は不意にカヤックで現れた、まったくのよそ者なのである。
 川岸にテントを張っていたそんな僕に、空き部屋があるから泊まってもいいよと声をかけてくれ、エドナ、ダグラス、ディビッドのディーコン一家は僕を迎え入れてくれた。
 ベッドがあり、部屋があり、食事も頂いている。
 そして、次のシーズンにこの村からベーリング海までの続きを漕ぐまで、カヤックと道具を預かってもらえる。
 なんということなのだろう。たんなる親切心を越えた、他者を手厚く迎え入れる心は。変わり続けている社会に必要な鍵が、ここにある気がする。

2016/9/2

No comments:

Post a Comment