Thursday, September 8, 2016

Sharing

1000660.jpg

From Grayling village

   A child brought a liver of moose hunted by a somebody of village to Edna's house. Because it was in a large ziplock bag, I thought Edna was given a whole liver at first, but it shared out among all villagers. I can not image how huge the liver was, and how huge the moose was.
   We ate a steak of this fresh liver. It was very delicious. I am not sure of the reason why it is so delicious, because it is fresh, or because it is wild, or because it is moose, or because it satisfies all of those.
   In the village, whoever gets salmon or moose, everybody help to process it and it is shared with everybody, from generation to generation. Probably, this custom is with a belief "we will share things with everyone that mother nature has shared with us". And also, to a visitor from other villages, and to me from other country. Probably, it is not "I will give my things to other that I got in my property".    

7/September/2016

グレイリング村から

 昨日の夕方に村の誰かが狩ったムースのレバーを、子供がエドナの家に持ってきた。生のレバーは大きなジップロックに入れられていたので、まるごと一匹分がエドナに分け与えられたのかと思ったが、どうやら違うらしい。各家に分け与えられたのだという。いったいどれだけ大きなレバーだったのか。そしてどれだけ大きなムースだったのか。もう想像するのが難しい。
 この新鮮なレバーを、まるでステーキの用に大きく切り分けて、小麦粉をまぶしてフライパンで焼いて食べたが、すこぶる美味しい。新鮮だからなのか、野性だからなのか、ムースだからなのか、それともそれらすべてが満たされる必要があるのか、とにかくほぼレバーだけで腹を満たすほどに食べても、まったくいやにはならない。じつに驚いた。
 村では、誰が鮭やムースを穫ってきたにせよ、皆で処理を手伝い、皆に分け与えられる。先祖代々そうしてきた。大地から分け与えられた物は、やはり皆に分け与えるのだろう。そして村人だけでなく、よその村からきた旅人にも。よその国からきた僕にも。私の土地で穫れた私の物を他人に譲ってあげる、のではないのだろう。

2016/9/7

No comments:

Post a Comment