寄付

Wednesday, August 24, 2016

Innumerable driftwoods

15595236-36c0-4ba5-bbeb-d70bf9a6fa31-1346124353.jpg

Day 85

Innumerable driftwoods are floating on the river. I threaded my way through driftwoods. I have never seen such a scene although I already have spent on this river for 3 months from June.
Those driftwoods are not a fresh driftwood which has just now fallen down from a shore and still has leaves, but are an aged driftwood for several years fading to black color. The driftwoods that had been washed up on a shore may have started to flow again. The peak of a water level of the Yukon River is at first June when thawing, but these driftwoods mean that the water level of now is exceeding of fist June?
Today also I did not come across a space where I can pitch the tent on both shores and islands. Tonight I have pulled up my kayak on somebody's fish camp.
Nuts, it is last only 400 miles to the sea...

Total distance: 1,585 mi

85日目

 川面に無数の流木が浮いている。流木の間を縫うように漕ぐ。6月からすでに3ヶ月間この川を漕いでいるが、こんな状況は初めてだ。
 ついさきほど岸から崩れ落ちた、まだ葉が付いた新鮮な流木ではなく、黒く変色した、数年は経過しているような流木だ。岸に打ち上げられていた流木が、再度流れ始めたのだろう。ユーコン川の水量のピークは雪解け時の6月頭のはずなのだが、今それすら越えた水位だということなのか?
 両岸にも島にも、やはりテントを張れるような場所は見あたらない。今夜は誰かのフィッシュキャンプに上陸させてもらった。
 海まであとたったの600キロメートルなのだがね。

 五日ほど降り続いた雨が止み、太陽が少し顔をのぞかせた。今日は滅多にない無風。風が吹けば川は荒れまくり修羅場となるが、風がなければ平穏なパラダイスだ。

 紅葉が始まっている。

総距離: 2,536キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Tuesday, August 23, 2016

The river is still rising

630ce21a-d0e7-4f44-b70e-e8a1fff773cf-1925779037.jpg

Day 84

The river is still rising, and it has increased 8 inches for last two days. Sounds of shores eroded and falling down a water like a cannon can be heard a few times in a single hour.
However a quantity of precipitation might be decreaseing.

It has rained a great deal this year, the river has risen, and most of shores that a tent can be pitched have been submerged. Since most of shores have been covered with driftwoods washed up along the edge of the water, the kayak has not been able to land there. In addition, from September, the storm season will start and the river will rise more then. It is impossible without stay in the tent on the shore to paddle and move forward on the river, so I am considering the second leg will end at next village Grayling.

I need more three days to paddle to the Grayling, so I have to find tenting possible shores somewhere and stay two nights. Therefore now I am considering the timing when I should leave here, whether the water level will increase or decrease while waiting.

84日目

 増水し続けており、この二日間で20センチメートルは水位が上がっている。何処かで川岸が削られ、水に崩れ落ちる大砲のような音が、一時間に数回ほど聞こえてくる。
 しかしながら降水量は減ってきたようだ。

 今年は雨がとても多く、川は増水し、テントを張れる岸は多くが水没している。岸には増水で流された木が打ち寄せられ、水際が覆われていることが多く、そこにカヤックを接岸することはできない。9月からはストームのシーズンとなり、その時はさらに水位が増すだろう。上陸してテントを張ることができなければ、川を漕ぎ移動することは不可能なので、第二セクションは次の村となるグレイリングで終えようかと検討している。

 グレイリングまではあと三日かかるので、テントを張れる岸を見つけて二泊する必要がある。どのタイミングでいま天候待ちをしている岸を離れて出発するべきか、待てば水位が下がるのか、それても上がるのか、状況を検討している。

manDisplay the current location and the tracking map

Monday, August 22, 2016

Waiting for weather to improve

484a88a8-7d5b-439c-bb34-08595ee1024d1994164102.jpg

Day 83

I am waiting for the weather to improve in the tent.
It is quiet. Sounds only I can hear are the sound a rain hits the tent, the sound leaves sway by a wind, the sound of a turbulent flow of a water along a shore, the sound bird flaps wings and of its song, the sound of hum of an insect and the sound a shore crumbles in the distance.

The river is rising every day. It is 4 inches per day from last night. Since the river width is more than one mile, I wonder how much rain is gathering into.
It has been rain continuously last three days, so the river might has risen around 1 foot surprisingly meanwhile.
On the water surface, huge black driftwoods are flowing one after another.

According to the locals at villages along the Yukon River I have paddled through, and my experience, this year it is too much rain and it is too little mosquitoes.

83日目

 テントの中で天候待ちをしている。
 静かだ。雨がテントにぼたぼたさらさらと当たる音、風で木の葉がごーごーかさかさと揺れる音、水の流れが岸で乱れてぴちゃぴちゃころころと立てる音、鳥のぶるるという羽音か鳴き声、虫のかすかなぶーんという羽音、遠くで岸がどーんと崩れる音、それしかしない。

 日増しに増水している。昨夜に石を水際に積んで目印にしたのだが、一日で10センチメートルも水位が上がった。川幅2キロメートルにはなる大河だから、いったいどれほどの雨が集まっているのだろうか。
 この三日間雨が降り続いているので、その間だけでも30センチメートルは増水したのかもしれない。
 川面には大きな黒い流木が累々と流れている。

 カナダからアラスカにかけてのユーコン川全域を漕いできたわけだが、各村での話や僕自身の体験によると、今年は異常に雨が多く、また異常に蚊が少ないようだ。

manDisplay the current location and the tracking map

River was rough

Day 82

The river was rough with waves, a southerly head wind and a rain. Being drifted by the wind and the waves, I could paddle at a speed of only a half of human walking here and there. I had no time to rest my hand due to continuously being drifted by the wind and the waves, and I got wet under a rain coat. I had wanted to stop paddling but I could not find any shore to pitch the tent since probably the rise of the river covered those, and it forced me to continue paddling a whole day. Even so, I could make progress only 22 miles.
In the lower Yukon, where, from the place the river changes the direction of travel from the west to the south, to the mouth, it seems too hard to paddling in a rain or a wind.

As expected, finally, the zipper of the tent fly has become not to be closed. It looks like that an emergency repair squashing the slider by pliers will work only few days. Therefore, thanks to Jon, I have changed the tent to his tent I borrowed. It is a great help in the spell of rainy weather.

Total distance: 1,553 mi

82日目

 波と、南からの向かい風と、雨で川は荒れていた。波と風に流されて、場所によっては歩く速度の半分でしか進めない。漕ぐ手を休めれば流されるので、休息を取ることができない。雨は正面から顔をたたき続け、雨具の下まで濡れていた。漕ぐのを止めたいが、川が増水しているためテントを張れるような岸は沈んでいるようで、いつまでも見つからないまま一日中漕ぎ続けた。それでも35キロメートルしか進まなかった。
 川が西から南へと流れを変える場所から河口までの下流域では、風雨のなかを漕ぐのはどうも無理のようだ。

 テントの外張りのファスナーが、また閉まらなくなった。ペンチでスライダーを軽く潰すという応急処置は、数日しかもたないようだ。面でなく点で押さえるようになるだけで、あっという間に磨耗してしまうのかもしれない。
 したがって、今夜からジョンに借りたテントに切り替えている。雨続きの天候なのでとても助かった。

総距離: 2,484キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Saturday, August 20, 2016

Wait and see

Day 81

It has begun to rain from last night. To be turning the weather bad, and to be added a rain to a wind and waves, it supposed that the risk will be high further in this area. In addition, I do not grasp the situation of here yet. So, today I will not move, and will wait-and-see.

81日目

 昨夜から雨が降り始めた。天候は下り坂であり、波と風にさらに雨が加われば、この流域ではなおのことリスクが高そうであり、また、まだここの状況を掴み切れていないため、今日は停滞して様子を見ることにする。

manDisplay the current location and the tracking map

Friday, August 19, 2016

Enjoying bonfire

68770d43-9928-4de7-afb0-2d08410c83091010001194.jpg

Day 80

Tonight's camp site is excellent. Because ton of driftwoods are scattered, I can enjoy bonfire as much as I wish.

Since yesterday, a southerly head wind blew a whole day, and waves were high. The paddle was heavy as I stirred mud. I could paddle at a speed of only human walking, and although I overworked my body I could paddle for only 19 miles.

Total distance: 1,529 mi

80日目

 今夜のキャンプ地は最高だ。流木が山ほど転がっているので、焚き火が思う存分できる。焚き火のないキャンプなぞ、味噌のない味噌汁のようだ。

 昨日に引き続き、今日も丸一日南からの向かい風が吹き、波が高かった。パドルが泥をかき回しているように重い。人が歩く速度ほどしか出せず、体に必要以上の負荷をかけても、31キロメートルしか進めなかった。

 今夜は打ち豆(乾燥大豆)の炊き込みご飯にした。豆ご飯のようで(実際豆ご飯なのだが)、うまみとシャキシャキ感がよい。出汁として日高昆布も持ってくればよかった。

総距離: 2,447キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Thursday, August 18, 2016

High waves

c13eacfb-a872-4ec4-9c32-e61f3c6cb7962112257920.jpg

Day 79

When I started paddling, southerly head wind already blew. The wind gradually increased, and I started to use a sea anchor halfway. Going for 6 miles for 3 hours, the wind became stronger furthermore, and the landscape changed to make wind and wave strong. White caped waves became high dangerously. I tried to paddle along the shore closely to escape from high waves, but a strong eddy prevented to paddle to downstream. Very luckily, at just there, an abandoned old cabin was. So I will sleep tonight in it.
Gradually a situation of lower Yukon River is appearing. There are many place where if a wind blows a wave becomes high dangerously, but shores for escape are very rare. From here to the mouth, I might have to abandon paddling when a wind blows.

Total distance: 1,510 mi

79日目

 漕ぎ始めから、南からの向かい風が吹いていた。徐々に風が強くなり、途中からシーアンカーを使い始めた。三時間で13キロメートルほど進んだが、さらに風が強くなり、また地形的にも波風が強くなる場所なのだろう、白波の立つ波が危険なほどに高くなった。高波を避け、岸ぎりぎりに沿って漕ごうとしたものの、岸に渦巻く逆流に逆らえず、下流にまったく進めない。運よくまさにそこに、ながらく放置されているだろう朽ちかけた小屋が建っていたので、今夜はここで寝ることにする。

 波が高いときの写真や映像は、漕ぐ手を休めるわけにはいかないので一枚もないのだが、何かうまい手はないのだろうか。

 下流域の状況が徐々に見えつつある。風が吹けば危険なほどに波が高くなる場所があり、しかしながら待避できる岸はほとんどない。ここから先の海までは、風のある日は漕ぐことを断念せざるをえないのかもしれない。

 気持ちよく漕いでいる日は、書く時間が短くなるので文章もそこそこになるが、状況が悪くてあまり漕げない日は、書く時間ができるので文章も長くなるな。素晴らしくて感動する状況もより多く伝えたいのではあるが。

総距離: 2,416キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Wednesday, August 17, 2016

Sky and water became one

02d02691-188b-4963-9e64-c930dd71cfa5982137891.jpg

Day 78

The Yukon River has started to flow straight. The sky was cloudless and a calm water surface was a mirror reflecting the sky. So, I could not distinguish the sky from the water on the horizon. The horizon disappeared. The sky and the water became one. All spaces surrounding me joined and became one universe.

This morning, the temperature dropped to 5 degrees Celsius.

Total distnace: 1,502 mi

78日目

 空と水が一つになった。
 ユーコン川が、山脈の縁にそって、直線的に流れはじめた。どこまでも遠く川が見渡せるようになり、その先には地平線のかわりに水平線が見えるはずだった。だが、空は雲のない均質な青空で、風のない川面はさざ波一つない空を写す鏡となっていたので、空と水面の見分けがつかなくなり、境目が分からなくなった。境界である水平線が消え去ってしまった。僕を取り囲む360度の空間すべてが繋がり、一つの宇宙になった。

 朝方、気温は5度まで下がっていた。夏から冬へと急激に変わりつつある。

 総距離: 2,403キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Koyukuk River joined

23064931-c5e6-427c-b578-daf7ea3d8062439385923.jpg

Day 77

The Koyukuk River, the third largest tributary, joined and the river width increased more. And then, the Yukon River changed his direction from the west to the south.

Total distnace: 1,467 mi

77日目

 三番目に大きな支流であるコユクック川が合流し、さらに川幅が増した。そして西へ西へと向かっていた川は、その方角をいま南へと変えた。

 今日は黒熊とビーバーを見かけた。

総距離: 2,347キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

Monday, August 15, 2016

Jon Korta

d32ddf65-fd59-4bd1-b294-36b049c1e95f989058151.jpg

Day 76

Jon Korta, living in Galena village, lent me his tent kindly. I am carrying it as the spare tent. If my tent, which I made emergency repairs, will be completely broken, I will use his tent. I am thankful although it is restricting the kayak space for food, because the tent is very important tool and I have to discontinue this expedition if it will be broken.

Today's breakfast was delicious moose noodle.

Total distance: 1,431 mi

76日目

 ガレナ村に住むジョン・コルタが彼のテントを貸してくれた。予備テントとしてカヤックに積んでいる。いま手荒な方法で応急処置しているテントが完全にダメになってしまったとき、彼のテントを使うつもりだ。予備テントの分だけ食料を積むことができなくなったが、それでもテントは、もしそれがだめになったら遠征を中断せざるをえないほどに重要なものなので、とてもありがたい。

 今朝の食事は、ムース肉のラーメンである。美味い。

 渡り鳥の群れをよく見かけるようになった。大河なので、群は遠く離れており、いったいなんの鳥なのか確認はできないが、おそらく鴨なのではないだろうか。ある場所などは、千羽近くはいたと思われ、まるで虫のように群れ飛んでいるな、と思ったほどだ。

 今年は雨が多いせいなのか、相変わらずテントを張れる場所が見つからない。今日むりやりテントを張っている岸は、低木と草に囲まれた場所で、あまりにも羽虫が多すぎて、食事もろくに作れず辟易している。

総距離: 2,290キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map