UMIACK

2014/12/13

Finish

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=344
accum. distance [Km]: 1129.2

雪深い季節に北から追い付かれました。ここ船岡城で、北海道・青森・岩手・宮城・
徒歩縦走1500キロとして終えます。ケネウィックマンの足跡をたどる旅の一区間
でした。

The season of heavy snow has caught up me from the north. At here Funaoka
castle, I will finish this Hokkaido Aomori Iwate Miyagi 1500 km hike. This
is a part of the journey of following Kennewick-man's footprint.

2014/12/12

船岡城

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=343
accum. distance [Km]: 1129.1

通算7日目?となる雪が降っている。

船岡城址公園にテントを張った。小山の上にあり、町が見下ろせる。昔の殿様は、こ
んな吹きっさらしの山の上に大きな城を建てて、冬の暖はどうやって取ったのだろう
かと考えてしまった。

A Bank

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=342
accum. distance [Km]: 1122.1

Walking along a bank.

堤防を歩く。

自動車のみ通行可

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=341
accum. distance [Km]: 1121.2

六号線、福島県双葉町以南、自動車のみ通行可。

雪を避けて太平洋岸を走る国道六号線を歩こうとしても、福島第一原子力発電所の脇
を通るので歩けないのである。

2014/12/11

Stay here

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=340
accum. distance [Km]: 1111.7

仙台を通過。

Walk through Sendai City.

変な信号

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=339
accum. distance [Km]: 1108.0

初めて見たよ、こんな信号。

仮設住宅

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=338
accum. distance [Km]: 1105.6

仮設住宅、おそらく351戸。

Temporary housing for sufferers of Tohoku earthquake for about 351 family.

クライミングウォール

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=337
accum. distance [Km]: 1103.8

宮城県クライミングウォール

Miyagiken Climbing Wall

2014/12/10

Temporary housings

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=336
accum. distance [Km]: 1097.6

I have pitched my tent in the park where temporary housings for sufferers
from Tohoku earthquake have been built. Still people live in there.

仮設住宅が建てられている公園にテントを張る。夜6時だが、明かりが点いている部
屋は1割程度か。頑張っている人達の隣で寝させてもらう。逆に元気を貰うようだ。

2014/12/08

機能美

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=332
accum. distance [Km]: 1070.0

野球場のある公園で野営。

白鳥の飛んでいる姿は空力的にも非常に美しく、見とれてしまう。あの足をどのよう
に羽毛の中に納めているのだろうか、水掻きだけ外から見えて流線型の体と完全に一
体となっている。羽の先三分の一だけ動かして飛ぶのもいい。白鳥型の航空機を作っ
たら、さぞカッコいいだろうに。

白鳥

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=331
accum. distance [Km]: 1060.4

田圃の白鳥。

Swan in rice field.

稲藁パック

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=330
accum. distance [Km]: 1060.0

稲わらも牧草みたいにパックするのかね?

白鳥

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=329
accum. distance [Km]: 1059.2

ここにも白鳥が。

Swan is also here.

2014/12/07

コタロウ

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=328
accum. distance [Km]: 1052.9

公園にテントをはっていたら、小学四年生の男の子たちがわいのわいのと集まってき
た。とくにコタロウとなかよくなり、カッコいいともだちができた。

コタロウ、ようかいウォッチのティッシュありがとうな。ヒーローになるんだぞ!

Pitching the tent in the park, boys in the fourth grade gathered around me.
He is my new friend Kotaro.

積雲

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=327
accum. distance [Km]: 1044.2

北上盆地方面に沸き上がる積雲。

2014/12/06

寺の裏手にテント

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=326
accum. distance [Km]: 1035.8

曹洞宗双林寺の裏手にある、街が見下ろせる高台の公園にテントを張る。

この旅で七度目となる雪が降ってきた。同じ氷点下とはいえ、雪が降っている方が暖
かくて楽である。しかし積もっては困るのであるが。

今日は二羽の白鳥が飛んでいるのを見た。北上川を越えて宮城県にまで飛来するのだ
ね。

I have pitched the tent behind a buddhist temple.

It is snowing as seventh time in this trip.

落穂と鴨

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=325
accum. distance [Km]: 1026.4

落穂に集まる鴨

Wild ducks in a rice field.

宮城の里

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=324
accum. distance [Km]: 1026.3

田に鴨集い、頂きは雪被る、宮城の里。

Winter rice field.

Dawn

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=323
accum. distance [Km]: 1020.9

夜明け

Dawn

2014/12/05

寝床

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=322
accum. distance [Km]: 1020.0

I'm gonna sleep here.

おくの細道へ

雪がこんこんと降り続き、積もっていたので、根雪となってしまいもうこれ以上は歩
けないかと思ったが、平泉でテントの中五泊ねばって、どうにか今日歩くことができ
た。平泉を出て、おくの細道へと歩みを進める。仙台まで進めば、いまいる盆地を抜
けて太平洋岸へと地形が変わるので、西高東低の冬型の気圧配置であるときに雪が降
る可能性が減ってくれるのではないかと推測し、希望を繋いでいる。

今回の旅で計六日雪が降ったか?

Snowing heavily, I thought maybe I couldn't walk anymore, but I walk barely
today.

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=321
accum. distance [Km]: 1019.2

田圃

Rice field

2014/12/02

雪舞う平泉

この旅で四度目となる雪が舞っている。今日も金鶏山の麓に張ったテントで天候回復
を待つ。これもまた兵どもの夢の跡にて静かに思いを馳せるようにとの、道祖神の計
らいか。

It's snowing that is the fourth time in this trip. I have been waiting the
weather improves in the tent.

2014/12/01

金鶏山麓キャンプ場

I'm Here: http://footprint.umiack.com/?map=y&id=ku90yn3ds16ksscf&ll=319
accum. distance [Km]: 1004.7

金鶏山の中腹にあるキャンプ場にて

平泉

おくのおくの細道からようやく抜けて、おくの細道に入った。いま平泉にいる。

芭蕉が「秀衡が跡は田野となりて、金鶏山のみ形をのこす」と記した金鶏山の、中腹
にあるキャンプ場にテントを張っている。

公認の寝床につけたのは、北海道札幌の北東にある鶴沼以来か。いささか気が楽であ
る。あとは皆ゲリラキャンプであり、悲しきかな当世は我が足による旅など出来ぬよ
うになっているのである。しかしながらも古人の心をより近くに知りたければ、歩く
という行為を実践して、国土にたいする感覚、旅にたいする感覚を身につけ、その演
算子を持って文字を追う以外にあるまい。

あいにくの雨が昨夜から降り続き、今日は雨がやむのをテントの中で待つことにし
た。花巻、北上、平泉と雨がよく降り、週の半分近くを歩けずにいる。雨風止むのを
心静かに待つのもまた人の旅である。