Monday, July 13, 2015


 生物多様性に「微生物」が含まれる、という視点がまだまだ不足してた。松本・真野先生と釣りに出掛けたおり、分子栄養学(の範疇と言って良いのだと思うが)について教えて頂き、改めて気づかされた。
 直感的で知識不足なのだが、動植物の種と量の指数関数的な減少の裏では、それらと複雑なネットワークを組んでいる微生物が、さらなる勢いで、2倍3倍ではなく2乗3乗という意味で、減少していると予測されているのだろうか?そしてある時点でネットワークが維持できなくなり、突然に崩壊する、という可能性も考えられているのだろうか?
 どなたか教えて頂きたい。

No comments:

Post a Comment