Thursday, October 22, 2015

Bekanbeushi Marsh in autumn 2015 first paddle ベカンベウシ湿原 2015年秋 一回目



 動いているものは、風になびくカヤだけであった。
 聞こえてくるものは、かさかさと吹かれるカヤのねと、ころころと湿原から川へ落ちる水のリズムと、こうこうと鳴く丹頂鶴の声と、いくら耳を澄ましても聞こえてこない雲の音だけであった。
 漕ぐことはぼとんどせず、方向を修正するためだけにパドルを水に差し入れる。静かに静かに水に流される。ただただ流れゆくカヤの岸を眺める。ただただそこにある空間を感じ取る。
 もう地上にいるのも、水上にいるのも、宇宙にいるのも同じことだ。僕がちっぽけなのか、宇宙がちっぽけなのか、どちらでも同じことだ。先程の曲がり角が経験したできごとか、この先に見える曲がり角が経験したできごとか、どちらでも同じことだ。

 2015年秋に、ベカンベウシ湿原を蛇行するベカンベウシ川をカヌーで下ったときの映像である。
 ベカンベウシ川は、釧路湿原に次いで日本国内二番目の広さを誇るベカンベウシ湿原を流れ、厚岸湖へと注ぐ、北海道東部の川である。いまだ原始的な自然が残された流域はラムサール条約にて保護されており、絶滅危惧種である丹頂鶴、大白鳥、オジロワシなどの鳥類や、おなじく絶滅危惧種であり幻の魚と呼ばれているイトウや、そしてヒグマなど、無数の動植物が生息している。
 またベカンベウシ川は、護岸工事がされておらず川ほんらいの自由気ままな蛇行を繰り返し、その流域には住宅や牧場や田畑はなく、また砂防ダムも存在せず(支流に一基あるが、それもイトウを保護する活動によりスリットが切られた)、もはや日本においては奇跡的に生き残った原始の川と言えよう。
 ベカンベウシ川の中流域にはヨシが群生する広大な低層湿原が広がっており、映像はそこをカヌーで下りながら撮影された。撮影ルートはここで
 https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zNmcEcuYNxq8.kX0kpRk4-fBM&usp=sharing
見ることができる。湿原を二つの異なる視点、空からの視点で撮影した航空写真と、川の水面からの視点で撮影した動画から眺めるのが面白い。
 またこの川下り全体3週間弱の記録はここ
 http://blog.ryotayamada.com/search/label/%E3%83%99%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A6%E3%82%B7%E5%B7%9D%E3%82%92%E6%BC%95%E3%81%90%202015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%20Paddle%20in%20the%20Bekanbeushi%20River%20in%20autumn%202015
で読むことができる。

 A thing in motion is an only reed swaying in the wind.
 Things I can hear are only a rustling sound of the reed, a rhythm of water run down from marsh to river, a song of red-crowned crane and a sound of cloud that I cannot hear no matter how hard I strain.
 I almost never paddle. I just put the paddle into the water for directional correction. I am swept downstream so quietly. I just take in the ever-changing view of the bank reed grows gregariously. I just feel the space existing there.
 There is no difference between, I am on the ground, I am on the water or I am in the universe. There is no difference between, my existence is tiny or the universe is tiny. There is no difference between, a thing I experienced is the last corner I paddled through or a thing I experienced is the corner I see ahead.

 This is the movie taken when I kayaked solo in the Bekanbeushi River meandering through the Bekanbeushi Marsh in Japan in the autumn of 2015.
 The Bekanbeushi Marsh is the second largest marsh in Japan protected by the Ramsar Convention.
 The Bekanbeush River is the last river miraculously untouched in Japan. The river has the low moor reed grows gregariously in its middle course and the movie was taken in there. You can see the map of the filming course at here
 https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zNmcEcuYNxq8.kX0kpRk4-fBM&usp=sharing.
 Moreover, you can see the entire record of this 3 weeks kayaking at
 http://blog.ryotayamada.com/search/label/%E3%83%99%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%99%E3%82%A6%E3%82%B7%E5%B7%9D%E3%82%92%E6%BC%95%E3%81%90%202015%E5%B9%B4%E7%A7%8B%20Paddle%20in%20the%20Bekanbeushi%20River%20in%20autumn%202015
.

No comments:

Post a Comment