Monday, July 18, 2016

Black bear

Day 47

I paddled 50 miles in the continuous rain without any place to rest, eat and wear more clothes. At 11 pm, finally the rain stopped and I pulled the kayak to a pebbly shore to wear clothes.

A black bear was there just 60 feet ahead, when I had finished wearing clothes and lifted my head. He was interested me and got closer and closer to me. I was without wearing a bear spray, even a knife.
I lifted both hand high and moved those left and right to show my body bigger, talked to him and walked backward slowly, keeping to face him. Nevertheless, he continued to approach me.
For two minutes or so, I walked backward and was keeping the distance. And then, the bear came by the kayak. He started to sniff my water proof bag containing my clothes, but soon he lost interest in it and started to approach me again.
I had to show him that I am more strong than him. So, I try to jump while lifting and moving both hand. This time, he was surprised and turned back into the wood.

Total distance: 625 mi

47日目

 雨が止むことなく降り続け、土砂降りや強い向かい風にも襲われながら、休んだり、食べ物を取り出したり、冷えた体を温めるために服を着込んだりする場所もないままに、80キロメートルを漕ぎ続けた。午後11時に雨がやっと止んだので、服を着るために、小石のわずかな幅しかない岸へと上陸した。

 服を着終え、ふと顔をあげると、黒熊が20メートル先にいた。僕に興味を持ち、近づいてくる。僕はベアスプレーどころか、ナイフ一つ身につけておらず、丸腰だった。
 両手を高く持ち上げ、左右に振って、体を大きくして見せた。「こなくていいよ」と、声に出して話しかけ続けた。そして、熊に体を向けながら、ゆっくりと後ずさりした。しかし熊の様子は変わることなく、のしのしと僕に近づいてくる。
 こんどは森の熊さんを歌ってみた。森の熊さんとはまるでネタのような話だが、「ある~日~、森の中~」と歌ってみた。しかしこいつも効果がない。
 二分ほど、ゆっくりと後ずさりをしながら熊との距離を保ち続けていると、やがて熊はカヤックの真横に到達した。僕の服を入れている防水バックの匂いを嗅いでいる。そのままカヤックに興味を移してもらいたかったが、すぐに飽きて、再び僕に近づいてきた。
 お前よりも俺の方が強いのだと示さなければならない。両手を高く上げ、振って、「こなくていいぞ」と大きな声で話しかけながら、さらに軽くジャンプしてみせた。するとこんどは、熊はハッと気付いて驚いた様子を見せる。そして向きをかえ背中を見せると、近づいてきたときよりも早い速度で僕から逃げて、森の中へと消えていった。 

総距離: 1,000キロメートル

manDisplay the current location and the tracking map

No comments:

Post a Comment