Thursday, June 23, 2016

Beaver under midnight sun

14667012013050.jpg

Day 21

   I was gazing out on a beaver just before my eyes 3 feet for one hour as squatting on a pebbly shore just by my tent, and never got tired of it. He was eating leaves of a branch he gnawed and logged.
   It happened at 1 o'clock midnight. However, it was close to the midnight sun. So, we could see nocturnal animals without a light with the naked eye.
   He knew the sound with which I stepped on pebbles. I could touch hem if I stretched my arm. However he did not mind my existence.
   amazing experience it was.

21日目

 テント脇の水際で、ビーバーが夢中になって葉っぱを食べている姿を、僕は彼の目の前たった一メールの場所に座り込んで、飽きることなく一時間ものあいだ眺め続けていた。
 夜中の一時の出来事である。白夜に近いので、その時間であっても辺りは薄明るい。夜行性の動物が活動しているのを、ライトなしの肉眼で見ることができる。
 彼は、僕が砂利を踏みしめる音に気付いているし、なにしろ手を伸ばせば触れる距離なのだが、僕の存在など気にかけてはいないそぶりだった。テント脇の藪からかじり取ってきた枝の葉っぱを、むしゃむしゃと音を立てながら食べ続けていた。食べやすいように、ごりごりと音を立てながら、小枝をかじって切り離したりもする。深夜の時間帯は動物の警戒心が薄れるのだろうか。
 驚きの体験である。

manDisplay the current location and the tracking map

No comments:

Post a Comment